オールインワンゲル 活用法 重ねづけ

MENU

気になる部分に重ねづけ!

同じ顔のお肌でも、部位によって肌状態は違っているものですね。
乾燥しやすい部分もあれば、皮脂が多めに分泌されている部分もあります。
そこで、部位によって使用する量を変化させることで、オールインワンゲルを賢く活かしましょう!

 

乾燥がひどい目元や口元に!

特に乾燥しやすい部分と言えば目元や口元です。
目元は皮膚が他の部位よりも薄く、とてもデリケートです。
それから口元は皮脂量が少なく、動かす機会も多いため、どうしても乾燥しやすくなります。

 

これらの部位は年齢肌悩みが現れやすい部位でもありますので、しっかりと対策していくことが大切ですね。そこで、これらの乾燥しやすい部位には、オールインワンゲルを重ねづけしましょう。
1度顔全体に広げてよく馴染ませてから、再度、気になる部分に追加して、優しくトントンと馴染ませていきます。

馴染ませてからの重ねづけが重要!

乾燥しやすい部分への重ねづけは、より保湿効果を高めるのに最適な方法です。
ですが、ここで大切なのは「馴染ませる」という過程です。
1度目に使用したオールインワンゲルを馴染ませないままに重ねづけすると、ベタベタするばかりで不快になってしまいます。

 

まず1度、丁寧に肌全体に馴染ませた後で、気になる部分にプラスしていく、という方法を実践すれば、ベタベタ感が気になりません。ただし、馴染ませるというのはすり込むことではありませんので注意してください。

 

手の平で優しくハンドプレスしてあげれば、自然に馴染んでいきます。
特に人気のおすすめオールインワンゲルは、肌への浸透力に優れたものが多いので、それほど時間をかけずに馴染ませることもできるでしょう。

夜だけ重ねづけしても!

オールインワンゲルの最大のメリットは、時間も手間もかけずにケアができるという点です。
ですが丁寧に重ねづけなどしていると、この手間と時間がかかり過ぎてしまうことがあります。
忙しい朝には、これはストレスに感じられてしまいますね。

 

そこで、このような「気になる部分に重ねづけ」というケアは、夜のみの習慣にしてみても良いでしょう。夜ならメイクをすることも無いので、重ねることでベタつきが残ったとしても安心です。
就寝前にたっぷり潤いを与えることで、より目覚めの肌に期待が持てるようになるでしょう。

関連ページ

顔の5点に置いてから!
オールインワンゲルは、顔の表面に1つのアイテムをただ塗布すれば良いだけ、という簡単な使い方ですが、ムラなく塗布するためには、ちょっとしたコツがあります。それが、顔の5点に置く、という習慣を実践していくことですね。
使用量の調整を!
オールインワンゲルは使い方が簡単、というのも1つの大きなメリットです。ですが上手に活用していくために、1つ、忘れてはならないことがあります。それが使用量の調整です。
他の化粧品と一緒に使用!
オールインワンゲルは、基本的には1つのアイテムでもしっかり美肌効果が得られる内容となっています。ですが、肌の状態によっては他の化粧品と併用する、という使い方もあります。