オールインワンゲル 活用法 使用量 調整

MENU

使用量の調整を!

オールインワンゲルは使い方が簡単、というのも1つの大きなメリットです。
スキンケアには一切知識が無いという方でも、これ1つを塗れば良いだけだから、楽々使用できるという嬉しい点がありますよね。
ですが上手に活用していくために、1つ、忘れてはならないことがあります。
それが使用量の調整です。

 

朝と夜で使い分け!

朝と夜では、必要となるオールインワンゲルの量が違います。
朝からベタベタに使ってしまうと、その後、なかなか馴染まず、メイクができずに困ってしまうということになりますよね。ですが夜はできるだけたっぷり使用しておかないと、寝ている間に予想以上にお肌が乾燥していきます。

 

そこで、朝は控えめの量を、夜はたっぷりめの量を、という使い分けを実践してみましょう。
大きな変化をつける必要はありませんが、朝は夜より気持ち少なめ、という感じにするだけでも、メイクのしやすさが違ってきます。
それでもメイク前にベタつくという場合は、メイクする前にティッシュで軽く押さえると良いでしょう。

季節ごとに使い分け!

お肌の状態は季節によっても変化します。
夏場は比較的、潤っているのに、秋や冬には乾燥しやすくなるという方も多いですね。
また、夏はベタつくので、化粧品のベタベタ感が気になるという方もいます。

 

こういった季節による肌の変化にも、オールインワンゲルの量の調整で対応していきましょう。
夏場はやや控えめの量を使用し、使用感を快適に保ちます。
秋冬はたっぷり目の量でしっかり保湿ケアして、厳しい乾燥からお肌を守ります。
春に関しても比較的乾燥しやすく、花粉などの刺激物もありますので、できるだけしっかり目に保湿した方が良いですね。

使用量には個人差がある!

オールインワンゲルの使用量は、各メーカーのアイテムに記載される目安がありますが、これはあくまでも目安であり、個人差があると考えましょう。

 

ひどい乾燥肌の方の場合、目安量を使用してもグイグイと入ってしまい、物足りない仕上がりになることもあります。そんな時には追加して、お肌がモチモチした状態になるまでしっかり保湿してあげましょう。

 

それから、中には皮脂が多く、少量しか使っていないのにベタベタするという方もいます。
この場合は使用量を控えるのではなく、まずはクレンジングや洗顔といった皮脂・角栓・角質などのケアから見直し、浸透しやすい肌状態を作ってください。
そのうえで、オールインワンゲルを適切に使用すれば、ベタベタ感が気になりにくくなるでしょう。

関連ページ

顔の5点に置いてから!
オールインワンゲルは、顔の表面に1つのアイテムをただ塗布すれば良いだけ、という簡単な使い方ですが、ムラなく塗布するためには、ちょっとしたコツがあります。それが、顔の5点に置く、という習慣を実践していくことですね。
気になる部分に重ねづけ!
同じ顔のお肌でも、部位によって肌状態は違っているものですね。乾燥しやすい部分もあれば、皮脂が多めに分泌されている部分もあります。そこで、部位によって使用する量を変化させることで、オールインワンゲルを賢く活かしましょう!
他の化粧品と一緒に使用!
オールインワンゲルは、基本的には1つのアイテムでもしっかり美肌効果が得られる内容となっています。ですが、肌の状態によっては他の化粧品と併用する、という使い方もあります。